若者にお勧めの東京でのシェアハウス

大学進学や就職などで東京へやってくる若者にとって一番驚くのが家賃と光熱費の高さです。お給料が全てなくなってしまうのではないかと心配するほど高い家賃に悩まされる若者は数多くいます。住居費にお金をかけてしまうと、必然的に自分の手元に残るお金は少なくなりますし、学生を一人暮らしさせている親御さんにとっても住居費は節約したいところです。東京で暮らす予定の若者にとって一番良い方法が、格安のシェアハウスで生活を送ることです。シェアハウスでしたら、一人暮らし用の物件に比べると生活コストをかなり抑えることができますし、上京したての若者にとって寂しさを一切感じることなく、快適に楽しく暮らしていくことができます。大学生から社会人まで様々な人と一緒に暮らすことで、社会性を養っていくこともできるのも魅力的なところです。

東京の暮らしが実現できるシェアハウス

通学や将来を見越した上京を計画する際に、最初の難関となるのが住まいを探すということです。家賃は地方と比較にならないほど高額なケースが多く、やむなく都外を選択したという人はたくさんいます。そこで近年において注目されているのが、複数人で生活することを前提に部屋を提供しているシェアハウスです。人数で割った金額が自分の払うべき賃料ですので、学生で収入がアルバイトのみでも借りることは十分可能といえます。東京都内ではシェアハウスの数が非常に多く、それぞれの貸主が競い合うことで設備の質が高くなる傾向です。条件についても同様で男女別はもちろんのこと、年代別やペット可という物件も選択できます。そして何よりもシェアハウスの魅力は話し相手がいるということです。精神的な支えとなったり生活習慣を見直すきっかけとなったりしますので、一人暮らしが不安な人は仲間を探してみるのも良いでしょう。

東京でシェアハウスをするメリット

高校や大学を卒業した後に、地方から東京に上京する人はたくさんいます。地方に比べて、就職先が多く、希望の職場が見つかりやすいです。しかし、地方に比べて、家賃が高いというデメリットがあります。地方だと、一人暮らし用のアパートやマンションだと、月に4万円や5万円くらいの家賃の物件がたくさんあります。しかし、東京は、都心に近いと、一人暮らし用のマンションの家賃が10万円を超えることも多いです。働き始めたばかりで10万円の家賃を支払うことができないため、職場から遠いところや、駅から遠い物件を借りる人が多いです。しかし、シェアハウスだと、安い家賃で、希望の立地に住むことができます。光熱費やインターネットなどの料金が家賃に含まれていることも多いため、シェアハウスは、一人暮らしに比べるととても安い値段で住むことができます。

Comments are closed